【5分で分かる!】Amazon オーディブル とは?

2022年11月17日レビュー

こんにちは、ぶっちょです。

この記事を書いているのは、11月中ですが、いかがお過ごしでしょうか
今回は、Amazon オーディ ブルについてのアップデートです。

以前の記事はこちらからどうぞ

最近、よくCMが流れていますよね。

気になってはいるが、Amazon オーディ ブルって何?という方もいれば、
内容は知って言るけど、使いこなせるのかな?とか
試してみたいけど、どうすればいいか?とか

そんな疑問にお答えします。

2022年1月に、オーディブルのルールが変更になり、ウェブでは記事が古いままで更新されていない記事も散見しましたので、再度まとめ直すために、色々調べてみました。
ご参考になればと思います。

Amazon オーディ ブル とは?

Amazon オーディ ブルは、日本では、2015年からサービスがスタートしていて品ぞろえの豊富さで、既に多くの方が利用しています。

読み放題は、12万冊になり、そのうち日本語のものが、1万冊になります。
本は、読むものですが、これは、聴く本になります。家事や移動中に耳で聴きながら読書ができる忙しい現代人にぴったりのサービスです。

\2か月間無料体験&Amazon100ポイントゲット/
無料期間中も解約OK!途中解約でも30日間は無料

スポンサーリンク

他の同じようなサービスは?

他でも同じようなサービスはありますが、
ユーザが、サービスを決める主な項目としては以下でしょう。

・価格
・コンテンツのジャンル
・コンテンツを再生する機能

月額料金だけをみると、他でも安いところはありますが、
・ネットに接続せずに使えるオフライン機能
気になる部分や、重要な部分に目印をつけることができるクリップ機能
倍速再生、早送り、巻き戻し
上記機能と、コンテンツの豊富さあわせると、Amazon オーディブル一択になります。

ただし、人それぞれ好きなジャンルのコンテンツは変わるので、コンテンツ選びも重要かと思います。各社得意な分野のコンテンツを準備しているので、コンテンツもあわせて考慮しましょう。

各社まとめた表は以下になります。ご参考にしてください。※右にスクロールできます。

カテゴリ聴き放題有無月額無料体験聴き放題コンテンツジャンル支払い方法オフライン再生ブックマークカーモード早送り・巻き戻し解約後のコンテンツ
Amazon audible聴き放題
買いきり
1500円30日間
※キャンペーンで2か月間の場合あり
12万冊(日本語1万冊)ビジネス書
文芸書
語学学習書
クレジットカード
デビットカード
聴き放題コンテンツ再生不可
買い切りコンテンツは再生可能
audiobook.jp聴き放題
買いきり
聴き放題プラン(880円)
シングルチケットプラン(1,500円)
ダブルチケットプラン(2,900円)
14日間1万冊以上ビジネス書
語学学習書
文芸コンテンツ
クレジットカード
キャリア決済(一部条件あり)
アプリ内決済(月額のみ)
聴き放題コンテンツは再生不可
購入およびチケット使用したコンテンツは再生可能
ヒマラヤ聴き放題750円/月(7500円/年)30日間1万冊以上ビジネス
文芸
語学
※有名タイトルは別途課金が必要なものあり
クレジットカード聴き放題コンテンツは再生不可
購入およびチケット使用したコンテンツは再生可能
LisBo聴き放題1650円登録月の末日まで4000冊(推定)講演
落語
法話
小説・文芸は多し
ビジネス書、語学学習書は少なし
クレジットカード
キャリア決済

聴き放題コンテンツは再生不可

でじじ買いきり1650円3400冊(推定))文芸書多し
(※ビジネス書・語学学習本はほぼなし)
クレジットカード
銀行振込
購入したコンテンツは再生可能
本の要約 フライヤー聴き放題2200円(ゴールドプラン)
550円(シルバープラン)
7日間(ゴールドプランのみ)2800冊(推定)ビジネス書(要約)多しクレジットカード
iOS決済
ZEUS決済
Yahoo!ウォレット決済
docomoキャリア決済
PayPay決済
GooglePlay決済
AmazonPay決済
聴き放題コンテンツは再生不可
kikubon(きく本)買いきり550円(550コース)
1,100円(1,100コース)
2,200円(2,200コース)
5,500円(5,500コース)
600冊(推定)文芸コンテンツ
※ビジネス・語学コンテンツ取り扱い無し
クレジットカード
WebMoney
LINE Pay
RECRUITかんたん支払い
Yahoo!ウォレット
WEBコンビニ決済
Pay-easy(ペイジー)
楽天ペイ
アリペイ国際決済
UnionPay(銀聯ネット決済)
BitCash
通常会員であれば引き続き視聴可能

スポンサーリンク

オーディブルのメリット・デメリット

サービスの詳細、比較は分かったのですが、次に、通常の読書と比べてのメリットとデメリットはどうなのか?をご説明します。

メリット

ながら読書ができる

一番大きなメリットは、料理や洗濯、なにかしら手がふさがって作業をしている際にも、ながら読書ができるところでしょう。
通常の読書ですと、目で活字を追ったり、ページをめくったりして、本に集中する必要があり、オーディブルと同じようには行きません。
さらにワイヤレスイヤホンをお持ちであれば、スマホを定位置においたままで、ケーブルレスで聞くこともでき、さらに快適になるでしょう。
また、一般的には、読書はこま切れの時間ではなく、少しまとまった時間を確保しないと厳しいかもしれませんが、オーディブルであれば、まとまった時間が取れない方でも、音楽を聴くのと同じ感覚で、聞きたいときに聞くようなスタイルで、朗読ができ、時間の無駄も抑えることができます。

移動時の荷物や、読み終えた本が増えない

移動中での読書の場合、単行本程度であれば、そんなにかさばりませんが、ビジネス書のような本は意外と厚く、カバンのなかで場所をとりがちです。
ですがオーディブルは、本のように物理的な紙を必要とせず、いつも使用しているスマホにオーディブルのコンテンツをダウンロードすれば、データのみなので荷物が増えません。
あとよくあるのが、読み終えた本が自宅で、いっぱいになっていませんか?オーディブルであれば、このような読み終えた本の保管場所にも困りません。デジタル化のメリットです。

大事なところや、気になるところをクリップすることができる。

オーディブルは朗読を聞いていて、途中で重要なところや気になるところがあれば、その部分をクリップすることができます。クリップとは30秒間だけその部分を抜き出す、いわば本に付箋をはるようなものと考えていただければと思います。ただし、本にはった付箋にはあまりメモを書き込みませんが、このクリップには、メモ書きが可能で、そのメモを頼りにその部分の再生が可能です。メモの検索は残念ながらできません。
再生方法は、スマホ右上の3つの点の部分をクリックして、”クリック&ブックマーク”をクリックすれば、クリップした個所のリストが表示され、その中の”クリップ再生”をクリックすれば再生可能です。

デメリット 

図や表が見れない

本には、挿絵、図、表があり、眺めることは可能ですが、オーディブルは聴く本なので、あたりまえですが、図や表が見ることができません。

すべての本に対応していない

オーディブルで、聴き放題が1万冊に増えたといえど、世の中の全ての本がオーディブルに対応していません。オーディブルは、まだ発展途上なので、自分か読みたい(聴きたい)本が対応していない場合があります。

斜め読みができない

私は、本を読む際には、関係が薄い部分は、斜め読みして1冊をなるべく時間をかけずに一気に読むようにしています。
オーディブルでは、早送りや倍速の再生はできますが、斜め読みのようなことはできません。
時間短縮が目的であれば、倍速を利用して1冊を読む時間を短くするしか方法はないです。

不明な言葉を調べるのに手間がかかる

朗読中に、聞きなれない言葉や英語が出てきた場合、活字であれば、みればなんとなく調べることもできますが、音声ではそういうわけにはいかず、調べるにも文字に起こさねばならないので、どう書くのか?調べるか、何度も聴かなければなりません。

スポンサーリンク

入会方法

オーディブルのメリットデメリットを説明したわけですが、頭で考えるより、実際に使ってみて試さるほうが理解が早いと思います。オーディブルは、通常30日間ですが、無料体験が可能です。
ちなみに期間限定で12/26までは、通常1が月無料だったものが、2か月間無料となり、さらにAmazonポイント100ポイントもあわせてもらえます。もし、迷っているならこのタイミングの無料体験を試さない手はないと思います。

無料期間で、向いていないと判断すれば途中退会もできます。入会だけでは心配と思いますので、退会方法も併せてご説明しておきます。

大まかな流れとしては

Amazonオーディブルに入会
アプリをダウンロード(スマホ、PC)
アプリを承認する

ステップ1 Amazonオーディブルに入会する。

\2か月間無料体験&Amazon100ポイントゲット/
無料期間中も解約OK!途中解約でも30日間は無料

始める前に、AmazonのID、パスワードとクレジットカードが必要です。事前に準備されることをおすすめします。


1.上記リンクをクリックし、AmazonのID・パスワードでログインを実施。
  ”2か月間の無料体験を試す”をクリック

入会1

2.audibleロゴの下の”2か月間の無料を試す”をクリックします。

入会2

3. クレジットカードに番号に問題がないか?も確認し、右上の”2か月間の無料体験を試す”をクリックします。

入会3

4.ようこそAudibleへ!の画面になります。これでオーディブルに登録はできました。

入会4

ステップ2.アプリをダウンロードする


1.アプリをダウンロードします。

Amazonオーディオブック - オーディブル

Amazonオーディオブック – オーディブル

Audible, Inc.無料posted withアプリーチ

今回は、iPhoneを前提に説明しますが、Androidでもさほど変わません。

ステップ3.アプリを承認する

2.アプリをダウンロードして、サインインをクリック、AmazonのID、パスワードで入力してさらにサインインします。

アプリ1
アプリ2

3.ログインに使用したメールアドレスに通知がとびます。
  そのメールの下の方に、”承認または否認してください”のリンクあるのでクリックしてください。

アプリ3
アプリ4

4.”承認”をクリックしてください。承認されました。

アプリ5
アプリ6

退会方法

※注 スマホアプリからは退会手続きはできません。必ずPCから以下の手順で退会手続きを行なってください。

1.www.audible.co.jpの○○さんこんにちは の部分にカーソルを持っていくと”会員タイプ”がでてきます。

退会1

2.そのアカウントサービスをクリックし、会員タイプを表示させ、その下の方に、退会手続きへをクリック

退会2

3.このページのした方に、このまま”退会手続きを行う”をクリックして退会します。

退会3

使ってみた感想

実を言うと、オーディブルを聞きながら、このブログを書いています。少し朗読がゆっくり目でしたので、1.3倍速で聞いています。声優さんのしっかりした落ち着いた声の為、朗読の内容も頭に入ってきます。当初、ブログを書いている時に、朗読が邪魔になるかな~と考えましたが、その逆で2時間ぐらい集中できました。

音楽を聴きながらと音楽なしとでは、作業の効率がかわると聞いたことがありますが、おそらく、それと同じでオーディブルを聞きながらの方が集中できそうに思います。

ただ、音楽感覚の朗読のシャワーであれば、効率化に役立つとは思いますが小難しい朗読であれば、考えることや内容に集中しなければならないので、そうはいかないでしょう・・・もっといろんなジャンルを試してみて、楽しんでみます。でも、これははまりそうです^^;

まとめ

いかがでしたでしょうか?
12/26までですが、通常30日間お試し期間ですが、2か月間に延長され、さらに、Amazonポイントが100ポイントがゲットできます。この機会に、ぜひ試していただき、オーディブルで読書を楽しみましょう。

\2か月間無料体験&Amazon100ポイントゲット/
無料期間中も解約OK!途中解約でも30日間は無料
にほんブログ村 にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村

Posted by ぶっちょ